ホンダ、米国でリコール37万台…エアバッグに不具合

自動車 テクノロジー 安全

ホンダ オデッセイ(日本名:ラグレイト)
  • ホンダ オデッセイ(日本名:ラグレイト)
  • 初代アキュラMDX(日本名:ホンダMDX)
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは9月18日、米国向けの『オデッセイ』(日本名:『ラグレイト』)とアキュラ(ホンダ)『MDX』の2車種について、リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、SRSエアバッグの不具合が原因。エアバッグのコントロールユニットに不具合があり、事故を起こしていないのに、エアバッグが展開する恐れがあるという。

対象となるのは、オデッセイが2003-2004年モデルの約31万8000台。アキュラMDXが2003年モデルの約5万6000台。合計で約37万4000台が該当する。

アメリカンホンダは対象車を保有する顧客に連絡。交換部品が用意でき次第、リコール作業を行う方針。この作業は、エアバッグのコントロールユニットに、電気的なノイズフィルターをインストールする内容。

なお、アメリカンホンダは、「この不具合による事故の報告は受けていない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集