【フランクフルトモーターショー13】シュコダ ラピッド スペースバック[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
フォルクスワーゲングループ傘下で、チェコに本拠を置くシュコダは、新型車の『ラピッド スペースバック』をフランクフルトモーターショー13で初公開した。

同車はシュコダが2012年9月、パリモーターショー12で発表した新型4ドアセダン、『ラピッド』のステーションワゴン。ラピッド スペースバックは、ラピッドの2602mmのホイールベースはそのままに、車体のリアをワゴン化した派生モデルとなる。

荷物スペースの容量は、通常時で415リットル。後席を倒せば、1380リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。シュコダによると、クラス最大級の容量を備えているという。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集