BMW「i」のEV、i3…ドイツで生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツ・ライプツィヒ工場で生産が開始されたBMW i3
  • ドイツ・ライプツィヒ工場で生産が開始されたBMW i3
  • ドイツ・ライプツィヒ工場で生産が開始されたBMW i3
  • ドイツ・ライプツィヒ工場で生産が開始されたBMW i3
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは9月18日、ドイツ・ライプツィヒ工場において、『i3』の生産を開始した。

i3は、BMWグループが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」の市販第一号車。パワートレインは、EVで、モーターは最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを引き出す。モーターはリアアクスルに搭載し、後輪を駆動。前後重量バランスは50対50と理想的な数値を追求する。

動力性能は、0-60km/h加速が3.7秒、0-100km/h加速が7.2秒。最高速はリミッターにより、150km/hに制限される。二次電池は、蓄電容量22kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大160kmを走行可能。充電は約8時間で、急速チャージャーを使えば80%の容量を約30分で充電できる。

ボディサイズは全長3999mm、ホイールベース2570mm。パッセンジャーセル部分にカーボンファイバー、シャシーにアルミを使うなど、軽量化を推進。車両重量は1195kgに抑えられた。

9月18日、ドイツ・ライプツィヒ工場から、i3の最初の量産モデルがラインオフ。生産開始記念式典において、BMWのHarald Kruger取締役は、「今日はBMWの発展における新たなマイルストーン。i3の生産にかかる電力は、風力発電でまかない、CO2を排出しない」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集