【フランクフルトモーターショー13】アルカンターラ、フェラーリ458スペチアーレの内装に採用

自動車 ニューモデル モーターショー

フェラーリ458スペチアーレにアルカンターラの素材が採用
  • フェラーリ458スペチアーレにアルカンターラの素材が採用
  • フェラーリ458スペチアーレにアルカンターラの素材が採用
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
アルカンターラは、フランクフルトモーターショーでデビューしたフェラーリ「458スペチアーレ」にチャコールグレーのアルカンターラ素材が採用されたと発表した。

458スペチアーレは、V8エンジンを搭載した究極のスポーツカーで、スポーティ性能を重視するオーナー向けに構想されたモデル。

インテリアはレーシングカーの世界観漂うもので、軽量の専用技術素材が採用されている。コックピット全体がアルカンターラとカーボンファイバー素材のコンビネーションで飾られ、スペチアーレのスポーティな雰囲気を醸し出している。

ワールドプレミアとなった458スペチアーレには、チャコールグレーのアルカンターラ素材が使われ、ダッシュボード、ピラー、ショルダーレストにはコントラストとして赤のステッチが施されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集