【リコール】メルセデスベンツ 純正チャイルドシート、警告文ラベルを誤って貼付

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所
  • 改善箇所
  • 改善箇所
メルセデス・ベンツ日本は9月18日、純正アクセサリーのチャイルドシート「デュオプラス」に貼付されている警告文ラベルに誤りがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2011年7月27日~2012年9月16日に製造された79台。

チャイルドシートを助手席に装着したことを車両が認識し、助手席エアバッグを開かなくする「チャイルドシート検知システム」非対応のチャイルドシートにおいて、チャイルドシート検知システム対応用の警告文ラベルが誤って貼付されたものがある。そのため、使用者がチャイルドシート検知システム対応のチャイルドシートと誤認したまま、チャイルドシート検知システムを装備した車両の助手席に装着すると、事故等が発生した際にエアバッグが展開した場合、展開したエアバッグにより乗員に過度の衝撃を与えるおそれがある。

改善措置として、すべてのチャイルドシートにおいて、警告文ラベルの内容を確認し、チャイルドシート検知システム対応用の警告ラベルが添付されている場合には、チャイルドシート検知システム非対応の警告文ラベルへ貼り替える。

不具合、事故とも発生していない。社内からの報告により発見された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集