マツダ小飼社長、新型アクセラ1.5Lの燃費は19.6km/リットル

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
  • マツダ アクセラ プロトタイプ
マツダが10月上旬に予約販売を始める新型『アクセラ』の1.5リットルガソリン車の燃費は、セダンのAT車で19.6km/リットル(JC08モード)と現行モデルより25%改善される。このほど単独取材に応じた小飼雅道社長が明らかにした。

新型アクセラ(海外では『MAZDA3』)は、同社が環境対応と走行性能の両立を図るため推進しているSKYACTIV技術を全面採用する第3弾となる。ベースモデル用の1.5リットルエンジンは、高圧縮比で直噴方式の「SKYACTIV-G」シリーズに刷新された。現行エンジン搭載車の燃費は15.6km/リットルであり、大幅な改善になる。

SKYACTIV-Gシリーズは2011年6月に初導入した『デミオ』用の1.3リットルに加え、2.0リットル、2.5リットルがあり、今回の1.5リットルの投入で商品ラインがほぼ整った。新型アクセラはトヨタ自動車から技術導入したハイブリッド車(HV)も投入する。

小飼社長は、「アクセラは当社で一番販売台数の大きいモデル。SKYACTIV技術の全面採用による新型車で、マツダファンを一気に拡大させたい」と強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集