【フランクフルトモーターショー13】ベントレー コンチネンタルGT V8 S、チューニングしたモンスターエンジンは528ps[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
  • ベントレー コンチネンタルGT V8 S
ベントレーは、フランクフルトモーターショー13で、『コンチネンタルGT V8 S』をワールドプレミアした。

コンチネンタルGT V8 S用の直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンには、吸排気系を中心にしたチューニングを実施。この結果、最大出力528ps/6000rpm、最大トルク69.3kgm/1700rpmを獲得する。

この数値は、コンチネンタルGT V8の最大出力507ps、最大トルク67.3kgmに対して、21ps、2kgmの上乗せとなる。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集