【フランクフルトモーターショー13】フォード、S-MAXコンセプト…主力ミニバンの次期型

自動車 ニューモデル 新型車

フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAXコンセプト(フランクフルトモーターショー13)
  • フォード S-MAX コンセプト
米国の自動車最大手、フォードモーターは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、フォード『S-MAXコンセプト』を初公開した。

S-MAXコンセプトは、フォードの欧州主力ミニバン、『S-MAX』の次期型を提案したコンセプトカー。初代S-MAXは2006年3月のジュネーブモーターショーで発表。スポーティなハンドリングや、2/3列目シートを簡単に床下に格納できる「ホールドフラットシステム」などが評価され、2007年の欧州カーオブザイヤーに輝いた。

S-MAXコンセプトは、フォードモーターの最新デザイン言語を反映させた外観が特徴。フロントマスクは、新型『モンデオ』(米国では『フュージョン』)などと共通イメージ。スタイリッシュなミニバンフォルムを構築している。

室内は4名乗りから7名乗りまで、多彩なシートアレンジが可能。ウルトラソフトレザーをはじめ、高品質な素材を採用する。最新の「SYNC」で、車載コネクティビリティも追求。「デュアルビューディスプレイ」は、運転席と助手席で、違うコンテンツを表示できる。

フォードヨーロッパのステファン・オデル社長は、「欧州の経済情勢は厳しいが、大型投資を行い、新商品や新技術の投入を加速させる」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集