【フランクフルトモーターショー13】シュコダ ラピッドにワゴン、スペースバック…クラストップの積載性

自動車 ニューモデル 新型車

シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック(フランクフルトモーターショー13)
  • シュコダ ラピッド スペースバック
  • シュコダ ラピッド スペースバック
  • シュコダラピッドスペースバック
  • シュコダ ラピッド スペースバック
フォルクスワーゲングループ傘下で、チェコに本拠を置くシュコダは9月9日(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー13のプレビューイベントにおいて、新型車の『ラピッド スペースバック』を初公開した。

シュコダは2012年9月、パリモーターショー12で新型4ドアセダン、『ラピッド』を発表。『ファビア』と『オクタビア』の間を埋める新型セダンとして登場した。ラピッド スペースバックは、そのステーションワゴン版。ラピッドの2602mmのホイールベースはそのままに、車体のリアをワゴン化している。

荷物スペースの容量は、後席を起こした通常時で415リットル。後席を倒せば、1380リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。シュコダによると、クラス最大級の容量を備えているという。

搭載エンジンは、ガソリン4、ディーゼル2の合計6ユニット。中でもディーゼルの「グリーンライン」仕様の場合、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量99g/kmの優れた環境性能を達成した。

ラピッド スペースバックは、欧州主要国で2013年10月に発売予定。シュコダは2018年までに、年間新車販売を150万台以上へ引き上げる目標を掲げており、ラピッド スペースバックは、目標達成に向けた重要モデルのひとつになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集