【フランクフルトモーターショー13】ポルシェ 918スパイダー 量産仕様が初登場…0-100km/h加速2.8秒

自動車 ニューモデル モーターショー

ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
  • ポルシェ 918スパイダー
ポルシェのプラグインハイブリッド(PHV)スーパーカー、『918スパイダー』の量産仕様が、9月9日にフランクフルト郊外で行われた「フォルクスワーゲングループナイト」に初登場した。

918スパイダーは、レーシングカーの『RSスパイダー』譲りの4.6リットルV型8気筒エンジンにV8エンジンに2個のモーターを組み合わせたPHVシステムを搭載。それぞれのモーターの最大出力は、フロントが130ps、リアが156psと決定。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、880ps以上だ。

二次電池は、蓄電容量7kWhのリチウムイオンバッテリー。918スパイダーは、「Eパワー」と呼ばれるEVモードを備え、最大30kmのゼロエミッション走行が可能。

EVモード時の0-100km/h加速は7秒以下、最高速は150km/hと十分ながら、エンジン+モーターの「レースハイブリッド」走行モードでは0-100km/h加速は2.8秒・最高速345km/hという驚異的なパワーを発揮する。612馬力の5.7リットルV10エンジンを搭載したスーパーカー『カレラGT』の最高速度が330km/h、0-100km/h加速が3.8秒だったから、918スパイダーがどれだけ強烈なパフォーマンスを発揮するかが分かるだろう。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集