【フランクフルトモーターショー13】英ケータハム、入門セブンの車名は「165」…スズキ製660ccターボは80ps

自動車 ニューモデル 新型車

ケータハム セブンの入門モデルの予告画像
  • ケータハム セブンの入門モデルの予告画像
英国ケータハムカーズを代表する独創的スポーツカー、『セブン』。スズキ製エンジンを積むセブンの入門モデルに関して、そのデビューが近づいてきた。

これは9月2日、ケータハムカーズが明らかにしたもの。「セブンの入門モデルは、9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー13において、『セブン165プロトタイプ』の車名で、コンセプトカーとして初公開する」と発表している。

同時にケータハムカーズは、セブン165プロトタイプの詳しい情報も公表。スズキ製の660cc 3気筒ターボエンジンは、「K6A」型で、最大出力80ps、最大トルク10.9kgmを発生することが判明した。K6Aエンジンは、日本では軽自動車の規制の関係で、最大出力は64psに制限。セブン165プロトタイプ用では、16ps上乗せの80psを引き出す。

すでにスズキ製エンジンについては、セブン165プロトタイプへの搭載に際して、ケーターハム・テクノロジー・イノベーションの手で専用チューニングが施されることが公表済み。

なお、ケータハム セブン165プロトタイプは2014年1月、販売が開始される予定。英国でのベース価格は、1万7000ポンド(約260万円)以下を計画している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集