マツダ アクセラ、デビュー10周年

自動車 ビジネス 海外マーケット

現行マツダ・アクセラ
  • 現行マツダ・アクセラ
  • マツダ・アクセラ初代
マツダの主力車種のひとつ、『アクセラ』。同車が、デビュー10周年の節目を迎えた。

これはマツダの欧州法人、マツダモーターヨーロッパが明らかにしたもの。「2003年6月25日、最初の『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)が、日本の山口県防府工場でラインオフ。それから、ちょうど10年が経過した」とアナウンスしている。

初代アクセラは、2003‐2009年までのおよそ7年間に、日本国内で累計220万台を販売。完成度の高いCセグメント車として、世界市場でも支持を集めた。

2009年には、現行の2世代目にモデルチェンジ。現在までの世界累計販売台数は140万台に到達する。2011年と2012年には、オーストラリア市場において、乗用車のベストセラーに輝いた。

初代と2代目を合わせて、アクセラは世界で136もの賞を受賞。2011年には、JDパワー&アソシエイツのドイツ顧客満足度調査において、最高評価を獲得している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集