ルノーの新F1エンジン、1.6ターボの革新性[動画]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ルノーの新F1エンジン「エナジーF1」
  • ルノーの新F1エンジン「エナジーF1」
フランスのルノーが、6月21日に発表した2014年のF1シーズン用の新エンジン。この新エンジンの革新性をアピールした映像がネット上で公開され、再生回数が13万回を超えている。

ルノーはこの新エンジンを、「エナジーF1」と命名。2014年シーズンのF1は、新レギューレーションを導入。現在の自然吸気の2.4リットルV型8気筒から、ターボ付の1.6リットルV型6気筒へとダウンサイジングを行う。

エナジーF1は、直噴1.6リットルV型6気筒を、ターボチャージャーで過給したユニット。最大出力は600psレベルを発生する。エネルギー回生システムの「KERS」と同じアイデアとして、MGU-K(モーター・ジェネレーター・ユニット・キネティック)と、熱エネルギー回生システムのMGU-H(モーター・ジェネレーター・ユニット・ヒート)を採用しているのが特徴。

このエネルギー回生システムが、およそ160psのエクストラパワーを引き出す。エンジンと合わせたトータル出力は、760psレベル。

元F1ドライバーで、ルノーのモータースポーツ活動に携わるアラン・プロスト氏は、「エンジンは車の心臓。2014年から、このエンジンがルノーのモータースポーツの心臓になる」とコメントしている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集