JR東日本、盛岡市と連携して山田線増発の社会実験…盛岡~上米内間で上下各2本

鉄道 企業動向

JR東日本盛岡支社と盛岡市は6月17日、山田線盛岡~上米内間の利便性向上を目的とした社会実験を9月末から2016年3月末まで実施すると発表した。1日あたり200人の利用者増加を目指す。

この実験では、平日の夕方から夜間にかけて下り2本、上り2本を増発する。増発列車の時刻は盛岡発が18時10分と20時39分、上米内発が18時29分と20時59分、いずれも1両編成での運転となる。

上米内駅では、岩手県交通の協力を受けて列車に接続するバス運行の改善に取り組むほか、鉄道利用者のための無料駐車場も設置する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集