中央高速バス新宿~富士五湖線に深夜便設定…運賃は5割増し

自動車 ビジネス 企業動向

中央高速バス新宿~富士五湖線の使用車両のイメージ。
  • 中央高速バス新宿~富士五湖線の使用車両のイメージ。
  • 深夜の新宿高速バスターミナル。
京王グループの京王バス東は6月17日、中央高速バス新宿~富士五湖線に深夜便を設定すると発表した。7月1日から運行を開始する。

新宿~富士五湖線は、京王グループ(京王バス東)と富士急グループ(富士急山梨バス、フジエクスプレス)が共同で運行している高速バス路線。下りの最終便は新宿高速バスターミナル発22時20分の河口湖駅行きだが、深夜便は新宿高速バスターミナルを23時20分に発車し、河口湖駅には1時6分に到着する。京王と富士急が月単位で交互に運行し、7月は富士急、8月は京王が運行する。

深夜便の運賃は通常の5割増しで、新宿~河口湖間は2550円。回数券やWEB回数券は使用できない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集