【BMW 3シリーズGT 発売】リア周りにアクティブスポイラーを初採用[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
  • BMW 335i グランツーリスモ(GT)スポーツ
BMWジャパンは6月4日、BMWの中核モデルである『3シリーズ』に新たなモデル・バリエーション『3シリーズ グランツーリスモ(GT)』をラインアップし、発売を開始した。

エクステリアデザインでは、リア周りにBMWで初となるアクティブ・リヤ・スポイラーを採用した。110km/hを超えると自動的に上昇し、70km/h以下になると格納する。マニュアル操作も可能だ。

BMWマーケティング・ディビジョン プロダクト・マネジャーの金田雅志氏によると、「一番最初の車のデザインでは、リアスポイラーが上がった状態の高さ(約プラス7mm)でしたが、そうするとリアのデザインがこってりして重くなってしまう。スポーティでスッキリとしたデザインにするため、トランクリッドの位置を下げ、アクティブ・リア・スポイラーを採用しました。そうれにより、デザインと高速安定性を両立しました」と語る。

ボディサイズは、全長4825x全幅1828x全高1508mm、ホイールベースは2920mmだ。3シリーズ ツーリングと比べ、全長はプラス20mm、ホイールベースはプラス11mm、全高がプラス5mmの大きさに仕上がっている。

価格は、494万円から776万円だ。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集