ヒュンダイ、欧州モータースポーツ本社をドイツに開業

自動車 ビジネス 企業動向

ヒュンダイの欧州モータースポーツ部門の新本社
  • ヒュンダイの欧州モータースポーツ部門の新本社
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は6月14日、ドイツのアルツェナウに、欧州モータースポーツ部門の新本社を開業した。

この新本社は、主にWRC(世界ラリー選手権)への参戦をにらんで建設されたもの。ヒュンダイは2012年9月、パリモーターショー12において、WRCへの参戦を発表。その後、2013年3月、ジュネーブモーターショー13で『i20 WRC』の最新バージョンを初公開。2014年シーズンからのWRC参戦に向けて、準備を進めている。

i20 WRCは、ヒュンダイの欧州向けの主力コンパクトカー、『i20』をベースに開発されたWRCマシン。搭載エンジンは1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ。最新バージョンでは、初期のプロトタイプ車と比較して、エアロダイナミクス性能やシャシー、サスペンション、冷却性能などが引き上げられた。

新本社は、建屋面積が8200平方m。ドイツのアルツェナウは、ヒュンダイヨーロッパ本社やテクニカル&デザインセンターから、50kmという好立地に建設された。ヒュンダイはすでに2013年初頭から、WRC関連のスタッフを世界11か国から、50名雇用している。

ヒュンダイのTak Uk Im上級副社長兼COOは、「今日はヒュンダイにとって歴史的な1日。モータースポーツの本拠地開業を祝うだけでなく、全市販車のパフォーマンス向上も約束された」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集