【E3 13】『グランツーリスモ6』注目車種と新コースを公開

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

6月10日(アメリカ・ロサンゼルス:現地時間)、「プレイステーション E3 2013 プレスカンファレンス」において、ソニーコンピュータエンタテインメントは『グランツーリスモ6』に新しく収録される、注目の車種と新しいロケーションを公開した。

今回、E3 2013では、FIA GT3カテゴリーのマシンを始めとした注目車種として、日産『デルタウイング‘12』、シボレー『コルベット スティングレイ(C7)‘14』、BMW『Z4 GT3 ‘11』、メルセデス・ベンツ『SLS AMG GT3‘11』、日産『GT-R ニスモ GT3 N24 シュルツモータースポーツ ‘13』、アウディ『R8 LMS ultra (Audi Sport Team Phoenix) #3‘12』といったマシンを公開。

また、新しいロケーションとしては、「ゲマソーラー(ヘマソラール)」、「ウィロースプリングス レースウェイ」、「マッターホルン」と、3つのロケーションを公開。

「ゲマソーラー(ヘマソラール)」は、スペイン・セビリア郊外にある広大な集光型太陽熱発電所。自然エネルギーの利用を圧倒的なスケールで視覚化した稀有な場所として、ロケーション(フォトステージ)に加わる。

「ウィロースプリングス レースウェイ」は、今年で60周年を迎えるカリフォルニアの人気サーキット。1周2.5マイルで、地形を生かした適度な起伏とハイスピードコーナーが特徴。

「マッターホルン」は、ヨーロッパアルプスの名峰、マッターホルンを望む展望台として有名なゴルナーグラート駅の周辺に作られたオリジナルコース。荒々しい岩肌が迫るアップダウンの強烈な山岳コースで、道幅が広くオーバーテイクも可能だ。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集