クライスラー、米運輸省のリコール勧告を拒否…「ジープは安全」

自動車 テクノロジー 安全

ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・リバティ(日本名:チェロキー)
米国の自動車大手、クライスラーグループのSUV、ジープブランド。同ブランドが過去に販売した車種に関して、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が行ったリコール(回収・無償修理)勧告を、クライスラーグループが拒否した。

事の発端は、NHTSAがクライスラーグループに送付したリコールを促す勧告書。この書面では、1993‐2004年モデルの『グランドチェロキー』、2002‐2007年モデルの『リバティ』(日本名:『チェロキー』)の2車種について、追突された際、燃料漏れを起こす危険性が高いとして、リコールを実施するよう求めていた。対象となるのは、米国で販売されたおよそ270万台。

これに対して6月4日、クライスラーグループは声明を発表。その中で「2010年9月からNHTSAと共同で、この件に関する調査を実施してきた。NHTSAのリコール勧告には同意できない。我々の調査では、追突された際、燃料漏れを起こすリスクは、同時期に販売された競合車と変わらないとのデータが出ている。ジープは安全」と説明した。

また、クライスラーグループは、「NHTSAは信頼できないデータを元に、燃料漏れのリスクを算出した可能性がある」と指摘。さらに、「今後もNHTSAとの間で、見解の違いを埋める努力をしていく」と述べた。

クライスラーグループのセルジオ・マルキオンネ会長兼CEOは、「乗員の安全性を確保することは、最重要項目。我々の品質を追求する姿勢に変わりはない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集