スナップオン、北関東ツールショー開催…ハンドツールからタイヤチェンジャーまで触って選ぶ

自動車 ビジネス 国内マーケット
トラックが乗ってもビクともしない丈夫なツールストレージ
  • トラックが乗ってもビクともしない丈夫なツールストレージ
  • さまざまなデザインのツールストレージが展示されていた
  • 本数限定で特別価格で販売されていたラチェットハンドル
  • ティレルのF1
  • ヒストリックなレーシングバイク
  • スナップオンのツールは美しいことでも知られている
  • 無料で提供されていた焼き豚丼とジャンボフランク
  • ドリンク類はビールも含んで無料提供されていた
スナップオンの北関東ツールショー2013が5月12・13日の両日、群馬県伊勢崎市の北関東ピアノ運送の敷地を借りて開催され、12日は1000人以上、13日も正午までに500人ほどの入場者を数えた。

スナップオンはルートバンの中にツールを積み込み、そのバンで工場などを回るバンセリングという販売方式を採用している。大まかに言えば、1台のバンが1つの販売代理店(FC)ということになる。今回のツールショーは北関東地区のスナップオンFCが集まり開催されたもので、輸入元のスナップオン・ツールズがサポートしている。こうしたツールショーは北関東地区だけでなく、年間に20か所程度日本各地で開催されている。

バンセリングの場合は、限られた車内スペースということもありハンドツールを中心としたラインアップだが、こうしたツールショーの場合は倉庫などの広大な場所で開催されるため、大型のツールストレージ(工具箱)や最新のタイヤチェンジャーなども販売。エアツールや溶接機のデモンストレーションも行われ、一部は体験もできるようにしたイベント。

普段は定価販売が基本となっているスナップオンだが、こうしたイベントの際はディスカウント商品も数多く用意されているので、ここぞとばかりに工具類をそろえるユーザーも多数。特別招待券を持っていた場合はさらに割引が行われることもある。

また、今回のツールショーでは販売やデモンストレーション以外にもティレルのF1やバイクのヒストリックレーサーの展示が行われていたほか、食事やお菓子、ドリンク類の無料提供なども行われ、家族や友達同士で訪れるだけでも楽しいイベントとなっていた。

会場でスナップオン・ツールズの神宮司光宏社長は「このイベントはどなたでもウエルカムです。一般の方もぜひお越しいただきたい。カジュアルにリラックスして、スナップオンに触れて欲しいのです」と語ってくれた。

今後のツールショーの予定は詳細が決定した回からスナップオン・ツールズのホームページに掲載されるという。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

  • スナップオンからタブレット型のクールな車両故障診断機が登場 画像 スナップオンからタブレット型のクールな車両故障診断機が登場
  • 30インチまで対応するフルオート・タイヤチェンジャーがスナップオンから登場 画像 30インチまで対応するフルオート・タイヤチェンジャーがスナップオンから登場
  • スナップオン・ツールズが30インチ対応のタイヤチェンジャーと新型車両故障診断機を発表 画像 スナップオン・ツールズが30インチ対応のタイヤチェンジャーと新型車両故障診断機を発表
  • 国内外を幅広くカバーするスキャンツール「スナップオン MTG-DUAL-TAB」登場 画像 国内外を幅広くカバーするスキャンツール「スナップオン MTG-DUAL-TAB」登場

特集

おすすめのニュース