2012年10‐12月期のタタ決算、52%の大幅減益

自動車 ビジネス 企業動向
タタ・ナノ
  • タタ・ナノ
インド自動車大手のタタモーターズは2月14日、2012年10‐12月期の決算を明らかにした。

同社の発表によると、傘下のジャガーやランドローバーを含めた売上高は、前年同期比1.8%増の4609億ルピー(約7920億円)。純利益は162億8000万ルピー(約280億円)で、前年同期に対して52.2%の大幅な減益となった。

この純利益は、10‐12月期としては3年ぶりの低水準。これまで好調だったジャガーとランドローバーの収益が伸び悩んだのが大きい。ジャガーとランドローバーの2012年10‐12月期決算は、売上高が前年同期比1.5%増の38億0400万ポンド(約5520億円)。純利益は前年同期比24.7%減の2億9600万ポンド(約430億円)だった。

一方、タタモーターズ単独の2012年10-12月期決算は、売上高が前年同期比20.3%減の1063億ルピー(約1825億円)。最終損益は45億8000万ルピー(約78億円)の赤字を計上している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース