小田急、新百合ケ丘駅に「電気自動車(EV)専用月極駐車スペース」を開設

エコカー EV

小田急新百合ヶ丘駅北口駐車場5階駐車スペース(床面青色)
  • 小田急新百合ヶ丘駅北口駐車場5階駐車スペース(床面青色)
  • 設置されるEV用普通充電器
小田急電鉄は2月15日、小田急新百合ケ丘北口駐車場に電気自動車(EV)用普通充電器を設置した「電気自動車専用月極駐車スペース」を開設すると発表した。

EV専用駐車スペースは5階フロアに全8区画、月極利用料金は3万1500円(消費税・電気使用料金込み)、国内主要車種のEV・PHVに対応している。

同社のEV専用駐車スペースのある駐車場は、神奈川県内で初の設置となり、昨年、都内の成城学園前駅・鶴川駅直近に開設した施設とあわせて3箇所目となる。

同社は、充電インフラの整備を進めることで、EVを保有しやすい環境を提供する「小田急EVプロジェクト」を進めている。充電インフラの整った月極駐車場を展開することにより、小田急沿線の集合住宅等に居住する環境意識の高い個人や、社有車のEVへの変更を検討中している企業のニーズを満たしていくとのこと。
《久保田雄城》

編集部おすすめのニュース

特集