【マツダ アテンザ 発売】ドライバーが予見した加速応答性を追求…開発主査

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
マツダから発売された新型『アテンザ』。同社商品本部 新型アテンザ開発担当主査の梶山浩氏によると、ノックコントロールなどの精度を向上させることで、SKYACTIVエンジンのトルク応答性のポテンシャルを最大限に引き出したという。

梶山氏は「素早い加速応答性をアクセル操作の広い範囲で達成できました。また、アクセルのゆっくりした踏み込みから素早い踏み込みまで、加速応答性がなめらかに変化することも実現しています」と述べる。これらの特性は、ドライバーがクルマの動きを予見し、その期待通りの動きと正確さを感じさせるためのもの。アクセルの踏込速度に応じて、加速応答性がリニアに、かつしなやかに変化するように作り込んだ結果だという。

そして、SKYACTIVドライブ、オートマチックトランスミッションの変速については、「前のクルマに追いつこうとして少し加速しようとゆっくりアクセルを踏み込む場合は、シフトダウン前に、加速度のタメを作ります。ドライバーがシフトダウンを予測できるようにして、さらにアクセルを踏み込むか否かを容易に判断ができるようにしました」

さらに、「追い越し時など、素早い変速時には、シフトダウンの信号を早く出すことで、変速時間を短くし、小気味よい変速の反応と、大きな加速度を短時間で達成します」

これらは、アクセルの操作速度によって減速タイミングとエンジントルクを精密に制御することで実現した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集