EVやHVの欧州販売、5倍以上に拡大へ…2020年予想

エコカー EV

環境対応車の切り札として、各自動車メーカーが開発に力を入れるEVやハイブリッド車。欧州市場でも、このEVやハイブリッド車の販売が、今後急速に伸びるとの予測がまとまった。

これは大手調査会社、パイクリサーチ社が公表したもの。今から7年先の2020年、欧州市場でどれだけのEVやハイブリッド車が普及するかを予想したレポートだ。

同社はこのレポートの中で、「2020年、欧州では年間82万7000台のEVやハイブリッド車が販売される」と予測。2012年は0.7%に過ぎない市場シェアが、2020年にはその5倍以上の4%にまで拡大すると見る。

市場が急拡大すると予想した背景が、欧州でのガソリンや軽油の価格が上昇していること。これにより、欧州の顧客は、さらに燃費のいい車を求めて、EVやハイブリッド車にシフトすると分析する。

パイクリサーチ社の上級研究員、デビッド・アレクサンダー氏は、「欧州の新車市場は特異。燃料価格が北米に比べて高いため、小排気量のガソリン&ディーゼル車が主流だ。現時点では欧州市場は、EVやハイブリッド車の普及初期段階。ユーザーはEVと内燃機関搭載車の価格差が小さくなり、充電インフラが整備されるのを待っている段階」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集