トヨタ、HV車の使用済み電池を再利用するエネルギーマネジメントシステムを販売

エコカー ハイブリッド

トヨタ・プリウス
  • トヨタ・プリウス
  • トヨタタービンアンドシステム(webサイト)
トヨタ自動車は、電池原料の効率的な活用を目指し、ハイブリッド車用の使用済みニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを、トヨタのエネルギー事業会社であるトヨタタービンアンドシステムを通じて、4月から全国のトヨタ車両販売店向けに販売することを決定した。

今回の発売にあたっては、定置型蓄電システムに加えて、BEMS(ビルエネルギー管理システム)、ソーラーカーポート、太陽光発電、LED照明、省エネ空調などを組み合わせ、電力の消費・蓄電・放電を最適にコントロールし、効率化できる総合的なエネルギーマネジメントシステムとして販売する。

ハイブリッド車用の使用済みニッケル水素電池を再利用した定置型蓄電システムについては、昨年2月より、名古屋トヨペット太田川店などで実証実験を行ってきた。ピークカットなどによって電力の利用効率を高めることにより、1店舗あたりのエネルギー使用量および電気・ガス料金を、従来型の店舗と比較して半減できることを確認している。また災害時などの停電時に備えて、電力のバックアップが可能なため、地域の情報収集拠点や避難場所としての活用も可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集