ヤマハ XVS400ドラッグスターの2013年モデルが登場、新色追加

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機は、国内の400ccクラス唯一となる空冷V型2気筒エンジン搭載の「XVS400ドラッグスター」の2013年モデルとして新色「マットグレーメタリック3」(グレーメタリック)を追加し2月14日から発売すると発表した。

XVS400ドラッグスターは、スタイリッシュなロー&ロングボディと快適な走行性能から、400ccクラスのクルーザーカテゴリーの人気モデルとなっている。

カジュアルファッションやおシャレなアイテムとしても評価されており、今回の新色は、このトレンドに呼応したもの。ワイルド感を醸し出すマットカラー(グレー)を採用し、エンジン、足回りは基本車両のクロームからブラックに変更した。タンク上部にもブラックのセンターストライプをあしらった。

「マットグレーメタリック3」のみ、価格を従来モデルより引き下げ76万0200円に設定した。シリーズ合計で年間700台を販売する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集