【オートモーティブワールド13】マグネシウム製部品で軽量化をアピール…大同工業

自動車 ビジネス 企業動向

オートモーティブワールド13では、車の軽量化に関する素材や技術が紹介されていた。その中で、マグネシウムを使って軽量化をPRしていたのが大同工業だ。

同社はオートバイ用のチェーンやリムを開発生産している会社で、その技術力には定評がある。レース用の部品によく使用されているのだ。そんな大同工業は今回、マグネシウム合金でつくったリムを参考出品した。

マグネシウムは実用金属のなかでも最も軽く、ノートパソコンや一眼レフカメラ、携帯電話などに使われてきた。最近は自動車用の部品としても注目を浴びている。「今回展示したリムは、従来のアルミニウム合金のものに比べて、重さが3分の2なんです。多くの来場者の方に関心を持っていただいたので、これから本格的な売り込みを図っていこうと考えています」と同社関係者は大きな期待を寄せている。

ただ、課題もないわけではない。コストを下げ、生産能力を上げる必要があるという。それは炭素繊維などほかの素材も同じで、いち早くコストを下げたものが勝者となる。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集