【モントリオールモーターショー13】ホンダのコンセプトカー、GEAR…都市型サブコンパクトカーを提案

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダのコンセプトカー、GEAR
  • ホンダのコンセプトカー、GEAR
ホンダのカナダ法人、ホンダカナダは1月17日、カナダで開幕したモントリオールモーターショー13において、コンセプトカーの『GEAR』(ギア)を初公開した。

同車は、いわゆる「ジェネレーションY」をターゲットにした都市型サブコンパクトカーの提案。ジェネレーションY とは、1975年から1989年までに生まれた世代を指す。

スタイリングは、固定ギアタイプの自転車がモチーフ。シンプルで使いやすく、カスタマイズの素材としても適した3ドアハッチバック車だ。さらに、コネクティビリティやパーソナリティも追求された。

なお、パワートレインの詳細は未公表。ホンダR&Dアメリカのデザインディレクター、デイブ・マレック氏は、「GEARはサブコンパクトカーの概念を変える。機能的で楽しく、カスタマイズも可能。そして価格も手ごろ」とコメントしている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集