変わるカンボジアのスマートフォン市場

エマージング・マーケット 東南アジア

iPhoneは高額だが、カンボジアでは一定の人気がある。ハイエンドな端末を持つことはステータスの象徴であるからだ。

しかしマーケットシェアを競う上では、価格の切り下げは避けられない。Appleは今年中に、価格の低い他社製品に対抗するため、アジア向けにより小さくコストパフォーマンスに優れたiPhoneを提供する予定だという。情報筋によると、99$から149$の価格が検討されているということだ。

現在カンボジアのスマートフォン市場では、Android OSベースで端末の多様性をもつSumsungのシェアが郡を抜いている。一方iPhoneは、iOSベースの唯一の携帯電話であり多様性はない。業界関係者は、OSもアップルにとっての障害になってしまっていると話す。

他メーカーを見ると、LGはクメール語入力可能な文字コード"Khmer Unicode"を唯一サポートしている強みを持ち、Nokiaは今年Windows Phone 8 OSを採用した端末をリリースする予定だ。同社は「現在提供しているNokiaベースのスマートフォンよりも自由度の高い製品になる。Androidと競合するだろう」と述べている。

カンボジアでは、各キャリアの提供するサービスをそれぞれ受けるために複数のSIMカードを買うユーザーも多い。先月、1500万人である全人口を上回る累計2000万枚のSIMカードが買われたことが報じられている。こうした事情も端末選びをする上で関わってくる。

低価格版iPhoneと、Windows Phone 8 OSベースの端末が出揃う今年末にかけて、カンボジアのスマートフォン市場の様相が変わるかもしれない。

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集