2012年のランボルギーニ世界販売、30%増の2083台

自動車 ビジネス 海外マーケット

ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4
  • ランボルギーニ ガヤルドの2013年モデル
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは1月13日、2012年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は2083台。前年比は30%増と大きく伸び、3年連続で前年実績を上回った。

市場別の販売割合は、アジア太平洋が35%で最大。そのうち、中国は15%を占めた。欧州は28%。南北アメリカは28%で、そのうち米国は25%。中東と南アフリカが8%となる。

市場別の伸び率では、欧州が信用不安にもかかわらず、前年比34%増を達成。米国も53%の大幅増を記録した。一方、アジア太平洋は9%増と、ひと桁台の伸びにとどまった。

車種別では、『アヴェンタドールLP700-4』が、922台を販売。同車のデビュー以来、初のフル1年での販売となり、2012年の前年比30%の伸びに貢献した。『ガヤルド』は1161台。同車の累計販売台数は1万3000台以上と、最も売れたランボルギーニ車に君臨する。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「世界の金融と経済情勢には不確かな要素があるが、2012年、非常に満足できる結果を残した。今後もさらなる成長に向けて、新車開発を進めていく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集