【デトロイトモーターショー13】アキュラ MDX 新型、最上級SUVが3世代目へ

自動車 ニューモデル モーターショー

新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
  • 新型アキュラ MDXのプロトタイプ
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは1月15日(日本時間1月16日深夜)、デトロイトモーターショー13において、新型『MDX』のプロトタイプを初公開した。

2001年、アキュラは初代MDXを発表。2003-2006年には、ホンダMDXとして、日本市場にも導入された。現行MDXは2代目モデルで、2006年に発売。全長4844×全幅1994×全高1732mmの堂々としたボディに、3列シートを採用。アキュラブランドの最上級SUVに位置づけられる。

2009年8月に発表した2010年モデルは、フロントマスクを一新。グリルやボンネットは新デザインとなり、アキュラブランド共通の顔つきに進化した。エンジンは引き続き、3.7リットルV型6気筒ガソリン「VTEC」。最大出力300ps、最大トルク37.3kgmを引き出す。

今回、アキュラがデトロイトモーターショー13でワールドプレミアしたMDXは、3世代目。現時点ではプロトタイプだが、細部のデザインを煮詰めた上で、ほぼこのままの姿で市販に移される。

アキュラの最上級SUVに相応しい大型ボディは、新型でも健在。アキュラは新型MDXに「エアロスカルプチャー」と呼ぶ新しいデザイン言語を導入。滑らかなプロポーションやアーチ状のルーフラインが目を引く。

搭載エンジンは、現行型よりもダウンサイジングした新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリン「VTEC」。駆動方式はSH-AWDと呼ぶ4WDと、歴代MDX初のFFの2種類を用意する。新型MDXは2014年モデルとして、2013年の半ば、米国市場で発売される予定だ。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集