【デトロイトモーターショー13】日産 レゾナンス…ハイブリッドクロスオーバーの提案

自動車 ニューモデル モーターショー

日産レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産レゾナンス
  • 日産レゾナンス
  • 日産レゾナンス
  • 日産レゾナンス
  • 日産レゾナンス
  • 日産レゾナンス
  • 日産レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
日産自動車は1月15日、米国で開催中のデトロイトモーターショー13において、コンセプトカーの『レゾナンス』(RESONANCE)を初公開した。

レゾナンスとは、共振、共鳴の意味。燃費性能の高いハイブリッドパワートレインを採用。最先端で大胆なスタイリングをまとい、クロスオーバー車のトレンドをリードするダイナミックな新デザインを提案する。

外観は、力強い面表現が特徴。日産によると、ダイナミックな流麗さと、最先端風のキレのよさとのコントラストを表現しているという。目を引くフロントエンドは、グリルからフードへかけあがるラインの勢いと、象徴的なブーメラン型のヘッドランプが共鳴するVモーションをテーマにデザイン。ボディサイドは、力強い面表情と先鋭的なラインによってまとめられ、跳ね上げたような形のDピラー周辺へつながる美しいキャラクターラインがアクセントだ。

インテリアは「未来のVIPラウンジ」がテーマ。日産のデザイナーは、未来のファーストクラスの宇宙旅行をイメージ。心地良くかつ高級で、ハイテクでありながら上質な空間を追求した。その結果、誕生したのが「VIPラウンジ」。上質なステッチが施された軽く柔らかい革のシートが採用され、洗練された上質感を演出する。

パワートレインは、ハイブリッド。その詳細は未公表だが、排気量の少ないガソリンエンジンにモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせた、日産独自の「1モーター2クラッチ」のハイブリッドシステムが搭載される。トランスミッションは、日産の次世代エクストロニックCVT(無段変速機)だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集