【東京オートサロン13】不正改造113台に整備命令 国交省関東運輸局が特別街頭検査

自動車 社会 行政

国土交通省関東運輸局は1月13日午前0時から同8時まで、東京オートサロン13会場となっている幕張メッセ周辺道路と東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリアで、不正改造車排除を目的とした特別街頭検査を実施した。

その結果、133台の車両を検査し、最低地上高不足など不正改造車113台に対して整備命令書を交付し、改善措置を命じた。

保安基準不適合箇所の主なものは、最低地上高不足、回転部分の突出等の改造等の車枠・車体関係が101件、違法な灯火器の取り付けが69件、窓ガラスステッカー貼付等の保安装置関係が56件、マフラー改造、触媒取り外し等の騒音・排ガス関係が56件となっている。

街頭検査には、関東運輸局のほか、自動車検査法人、千葉県警、東日本高速道路から計289人が出動した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集