ZMP、市販PHVベースのロボットカーを販売開始

自動車 ビジネス 企業動向

ZMPは、市販プラグインハイブリッド車をベース車両とした『RoboCar PHV』をリリースした。

RoboCar PHVは、車載ネットワークCANを介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、かつZMP独自のコントローラによって制御可能な、研究開発向けの実験車両。コンピュータにより、走る・止まる・曲がるといった走行制御が可能であるため、運転支援技術や、自動走行技術の研究開発に活用することができる。

走行制御可能なモデル「RoboCar PHV」に加え、データ取得に特化した公道走行モデル「RoboCar PHV Primitive」もラインナップ。例えば、カメラやミリ波レーダ、3次元レーザレーダなどの環境認識センサを搭載し公道を走行することで、歩行者や前方車両、障害物などの認識と、速度やハンドル・アクセル・ブレーキ操作などを同時に計測することができるため、公道での各種計測実験や技術評価をスムーズに行うことができる。

また、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure Platform」と連携させた開発環境の構築も可能。RoboCar PHVで取得した各種情報をインターネット経由でクラウド(Windows Azure)に保存し、保存した情報をSQL Azure上でデータベース化することで、開発者は遠隔で必要な情報を検索・解析することができる。

RoboCar PHVは、1月16日から開催される「オートモーティブワールド2013」において初出展し、デモンストレーションを実施する。価格は、RoboCar PHV Primitiveが735万円から、RoboCar PHVが1470万円から、15日より受注を開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集