【デトロイトモーターショー13】開幕…戦略は千差万別、北米市場の活気を示すか

自動車 ニューモデル モーターショー

デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
  • デトロイトモーターショー2013
デトロイトモーターショー2013が、米国現地時間の14日に開幕した。デトロイトモーターショーは毎年1月に開催され、その一年の北米市場を占う重要な位置づけとされている。拠点を置く米ビッグ3ほか、日本メーカーも出展に力を入れる。

欧米メーカーによるハイブリッド車戦略が火花を散らした2012年。今年の発表内容は各社千差万別だ。

米国メーカーでは、GMがアメリカンマッスルカーを象徴する新型シボレー『コルベット・スティングレイ』を発表。クライスラーはSUVのジープ『グランドチェロキー』をメインに据えた。フォードは新型ピックアップトラックを公開すると見られる。

日本メーカーでは、トヨタがセダンのコンセプト『Furia』、レクサスの新型『IS』を発表予定。日産はインフィニティブランドから『スカイライン』後継となる『Q50』を世界初公開する。ホンダは新型クロスオーバーをお披露目する予定だ。

欧州勢も北米向けモデルを続々と投入する。メルセデスベンツが『Eクラス』のフェイスリフトモデルを、BMWは『3シリーズクーペ』後継となる『4シリーズ』を、VWは新型クロスオーバーのコンセプトモデルを発表する。

例年以上にバラエティに富んだ出展内容となる今回のデトロイトモーターショー。まだまだサプライズも飛び出してくるものと思われる。北米自動車市場の活気を示すものとなるか、各社の発表に注目だ。

デトロイトモーターショー13は、1月14日から27日まで開催される。14日、15日がプレスデー。会場はデトロイト・ダウンタウンのCOBOセンター。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集