【レンジローバー 新型発表】走破性と乗り心地の両立

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー
  • ランドローバー・レンジローバー
4代目となる新型『レンジローバー』が日本でも発表された。SUVであることから、当然高い走破性を備えている。

「新型レンジローバーの高い走破性を支える要素のひとつに、最先端の軽量サスペンション構造が挙げられます」とは、ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部ディレクターの作田昌子氏の弁。

「軽量アルミ部品を主たる要素に構成されているこのサスペンションは、独立懸架式で、前輪は非常にワイドなホイールトラベルを確保したダブルウィッシュボーン式。そして、後輪には先進的なマルチリンクを採用しました」。それにより、「前輪は260mm、後輪は310mmというクラス最高レベルのホイールストロークを実現し、過酷な状況に対応できるよう車輪のスムーズな動きを可能にしました」という。

このサスペンションシステムは、「ランドローバーとしては第5世代にあたるエアサスペンションにより、全ての車高モードや、オンロード、オフロードの両方で優れたバランスと安定性を確実にしています。さらに連続可変ダンパー搭載のアダプティブダイナミクスを全車に標準装備し、しなやかで振動の少ない乗り心地を実現しているのです」と述べる。

また、「次世代型2チャンネルの秀逸なパフォーマンスを発揮するダイナミックレスポンスが初めて5リッターV8スーパーチャージドモデルに採用されました」。これは、「コーナリング時の車体のロールを抑えるほか、起伏のある路面から誘発される車体の揺れも検知します。路面からの入力を吸収することで、ガタガタとした揺れを低減し乗り心地に寄与しているのです」と、走破性と乗り心地が両立していることを語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集