【デトロイトモーターショー13】日産 リーフ に2013年モデル…初の大幅改良

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
  • 日産 リーフ の2013年モデル
日産自動車の米国法人、北米日産は1月9日、2013年モデルの『リーフ』の概要を明らかにした。実車は1月14日、米国で開幕するデトロイトモーターショー13で初公開される。

リーフは米国では、日本と同じタイミングの2010年末に発売。2013年モデルはデビュー以来、初の大幅改良モデルとなる。改良と同時に、日本からの輸入を現地生産に切り替え。米国テネシー州スマーナ工場で組み立てを行い、バッテリーも現地で生産する。

大幅改良の内容は、2012年11月に発表された日本仕様に準じる。モーターやインバーター、DC/DCコンバーターなどの高電圧ユニットを一体設計し、全体で容積を30%、質量を10%コンパクト化。さらにバッテリーモジュールとケース構造の合理化、各部パーツの見直しで、従来比で約80kgの軽量化を実現した。

さらに、回生ブレーキシステムの制御変更によって、エネルギー回収量を増加。省電力暖房システムなどの採用の効果も手伝って、満充電時の最大航続距離を引き上げている。

米国向けの2013年モデルには、価格を抑えた新グレードを用意。この新グレードは「S」と呼ばれ、従来の「SV」グレードの下に位置づけ。現時点では価格は公表されていないが、現行の3万5200ドル(約314万円)を下回る設定となるのは確実だ。

また2013年モデルでは、新しい急速充電システムも利用可能。これは220Vの充電システムで、北米日産によると、充電時間は従来のほぼ半分の約4時間で完了するという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集