【デトロイトモーターショー13】レクサス IS 新型、オフィシャル写真公開

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
  • 新型 レクサス IS のFスポーツ
レクサスが1月15日、米国で開幕するデトロイトモーターショー13でワールドプレミアする新型『IS』。これに先駆けて1月9日、同車のオフィシャル写真が公開された。

今回公開されたオフィシャル写真は、『IS250』と『IS350』の「Fスポーツ」仕様。フロントには、新型『GS』から導入されたレクサスの新しい表情、スピンドルグリルを採用。小型セダンでありながら、アグレッシブな上品さや力強い存在感、強いブランドアイデンティティを表現している。

また、レクサスとしては初めて、ヘッドライトの下に独立する形で、L型デイタイムランニングライトを配置。サイドシルのデザインも特徴的だ。Fスポーツでは、グリルやフロントバンパーが専用デザインとなり、スポーティなキャラクターを際立たせた。

インテリアは、スーパーカーの『LFA』のモチーフを取り入れて、ドライバー重視の空間を演出。ステアリングホイールの形状は、LFAと共通イメージ。シートはヒップポイントや角度が見直され、よりスポーティなドライビングポジションを作り出す。

Fスポーツでは、センターリングを配したLFAの先進的なメーターデザインを踏襲。ステアリングホイールやシフトレバーは専用のレザー仕上げとなり、ブラックのシートステッチ、アルミペダル&スカッフプレートなどを装備。専用の赤内装も設定される。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集