【メルセデスベンツ Aクラス 発表直前】A250シュポルトは211psターボ…足回りはAMGチューン

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ A250シュポルト
  • メルセデスベンツ A250シュポルト
  • メルセデスベンツ A250シュポルト
  • メルセデスベンツ A250シュポルト
  • メルセデスベンツ A250シュポルト
  • メルセデスベンツ A250シュポルト
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型
メルセデスベンツが2013年1月中旬、日本市場に導入する新型『Aクラス』。3種類のグレードの中で走りを重視するなら、最有力の選択肢はトップグレードの「A250シュポルト」だろう。

新型AクラスのA250シュポルトは、メルセデスベンツの高性能車部門、AMGが足回りを専用チューン。AMGが独自開発したフロントアクスルとサスペンションが採用される。メルセデスベンツによると、ロールを抑え、高速コーナリング時でも優れた走行安定性を実現するという。

搭載エンジンは、他のグレードとは異なり、A250シュポルトだけが直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを積む。欧州仕様の場合、最大出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1200-4000rpmを引き出す。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「7G-DCT」。0-100km/h加速6.6秒、最高速240km/hのパフォーマンスを誇る。この7G-DCTをはじめ、ESP、電動パワーステアリング、エンジンサウンドにも、専用チューニングが施される。

内外装には、AMGならではの世界観を表現。フロントバンパーとリアスカートは、AMGデザイン。足元は、AMG製の18インチ5本スポークアルミホイールに、235/40R18高性能タイヤの組み合わせだ。ホイールの隙間からは、赤いブレーキキャリパーが顔を出す。フロントグリルも、「シルバーダイヤモンド」と呼ばれる専用デザイン。

シートは、人工レザーとファブリックの組み合わせで、オプションで本革が選択可能。「デジーノ」の赤いシートベルトや、赤ステッチ入りのAMGスポーツステアリングホイールなどが、スポーティな雰囲気を盛り上げてくれる。



《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集