JR九州34駅で公衆無線LANサービス au Wi-Fi SPOT の提供を開始

鉄道 テクノロジー

公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」
  • 公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」
  • JR九州(webサイト)
KDDIは12月27日より、JR九州34駅においてauスマートフォン、PC、タブレットなどでインターネット通信を楽しめる公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の提供を順次開始する。

au Wi-Fi SPOTは、パケット通信料定額サービス「LTEフラット」、「ISフラット」もしくは「プランFシンプル」を契約しているユーザーであれば、auスマートフォンから無料で利用できる公衆無線LANサービス。また、パソコンやタブレットなど、もう1台のWi-Fi搭載機器も無料で利用することができる。

今回提供を開始するのは、福岡県が門司駅、小倉駅、戸畑駅、八幡駅、下曽根駅、行橋駅赤間駅、福間駅、古賀駅、福工大前駅、九産大前駅、香椎駅、千早駅、吉塚駅、博多駅、南福岡駅、大野城駅、二日市駅、久留米駅、筑前前原駅の19駅。佐賀県が鳥栖駅と佐賀駅。宮崎県が宮崎駅と宮崎空港駅。鹿児島県が鹿児島中央駅。合計25駅。

門司港駅(福岡県)、黒崎駅(同)、折尾駅(同)、熊本駅(熊本県)、別府駅(大分県)、大分駅(同)の6駅については、2013年3月末までに提供を開始する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集