【トヨタ マークX マイナーチェンジ】こだわりのLEDクリアランスランプ

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ•マークX
  • トヨタ•マークX
  • トヨタ マークX
  • マイナーチェンジしたトヨタ•マークX
  • マイナーチェンジしたトヨタ•マークX
  • マイナーチェンジしたトヨタ•マークX
  • マイナーチェンジしたトヨタ•マークX
マイナーチェンジしたトヨタ『マークX』のエクステリアは、“目力”をデザインコンセプトとし、フロント周りを中心に変更された。

そのヘッドランプには、LEDのクリアランスランプが装着されている。トヨタ自動車製品企画本部ZSチーフエンジニアの友原孝之さんは、「レクサスでも最近クリアランスランプをつけていますが、これはLEDをたくさん配置してやっています。この場合、点の点灯が沢山連なるようになり、(私は)あまりきれいに思わなかったのです」と笑う。そこで、「蛍光灯のように、むらの無い均一的な光り方にして欲しいと設計にお願いしました」

友原さんは、「LEDの間隔が増えてくると、点灯しているところとしていないところではむらが出来ますし、沢山つけてもどうしても均一にはなりません。それは嫌だったのです。そこで、均一にならないのであれば、グラデーションのようにきれいに光ることを考えてくれと(設計部門に)言いました」と話す。

最終的には、「導光棒という光を導くレンズやプリズムなどの設計をすごく苦労してやってくれました」という。「LEDの数を言うと原価低減ですねと言われることもありますが、実は、そうではないのです。LEDは、ヘッドランプのフェンダー側のはじに、上側と下側に1灯ずつしかありません。それは原価低減のためにLEDの数を減らしたのではなく、この要求水準を満たすには、1灯ずつでないと出来なかったのです」と完成度に自信を見せた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集