【ドコモ2012秋モデル】世界最速、5秒起動スマホ

自動車 ニューモデル 新型車
「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
  • 「docomo with series Ascend HW-01E」
 NTTドコモは28日、2012年秋モデルとして最新スマートフォンとタブレット合わせて5機種のラインナップを発表した。

 「docomo with series Ascend HW-01E」は、ドコモで初めてとなる中国ファーウェイ製のスマートフォン。世界最速を謳う5秒起動をはじめとして、すべての面でストレスフリーな使い心地を追及して設計されているという。ディスプレイは約4.5インチHD/TFT液晶を搭載、高速通信Xiに対応し、CPUは1.5GHzのデュアルコア、OSはAndroid 4.0、スマホ向け放送局「NOTTV」にも対応している。

 メインカメラは約1310万画素の裏面照射型CMOSカメラを搭載、顔変形モードやビューティーモード、グループ撮影モードなど多彩な撮影メニューが用意されている。

 本体サイズは約131×65×9.9mmで、重さは約135g。バッテリー容量は1800mAh、連続待受時間は3Gで約360時間、LTEで約230時間、GSMで約310時間。連続通話時間は3Gで約400分、GSMで約470分。モバキャス連続視聴時間は約240分。同時接続8台までのWi-Fiテザリングに対応。そのほか、ワンセグ、おサイフケータイにも対応している。カラーはBlackとWhiteの2色。

【ドコモ2012秋モデル】世界最速の5秒起動!ドコモ初のファーウェイ製スマホ「Ascend HW-01E」

《白石 雄太@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

  • レジストリキーから起動プロセスを検索するIRCボットの亜種 画像 レジストリキーから起動プロセスを検索するIRCボットの亜種
  • [カーナビ]スマートフォンを取り付けると起動 画像 [カーナビ]スマートフォンを取り付けると起動
  • インストールや起動、電話の発着信など 画像 インストールや起動、電話の発着信など
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース