マツダ、米国現地生産を終了…最終モデルはアテンザ

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ6 北米仕様(日本名:アテンザ)
  • マツダ6 北米仕様(日本名:アテンザ)
  • 2002年10月にアテンザ(Mazda 6)が生産開始されたころのセレモニー
  • 2008年7月、AAIで北米向け仙台Mazda 6の生産を開始したときのセレモニー
  • 2008年7月、AAIで北米向け仙台Mazda 6の生産を開始したときのセレモニー
  • 2008年7月、AAIで北米向け仙台Mazda 6の生産を開始したときのセレモニー
マツダとフォードモーターの米国合弁工場、AAI(オート・アライアンス・インターナショナル)。8月24日、同工場におけるマツダ車の生産が終了し、マツダが米国での現地生産から撤退したことが分かった。

AAIもともと、マツダの米国工場として1987年、米国ミシガン州に設立。1992年、マツダとフォードモーターの折半出資となり、名前をAAIに改めた。1993年には、累計生産台数が100万台に到達。1999年には、累計200万台を達成している。

生産車種は、マツダが『アテンザ』(現地名:『マツダ6』)、フォードモーターが『マスタング』など。8月24日、AAIで現行アテンザの最終モデルがラインオフし、マツダのAAIでの生産が終了した。

8月29日、ロシアで開幕するモスクワモーターショー12で初公開する新型アテンザに関しては、北米仕様は山口県の防府工場からの輸出に変更。なお、フォードモーターは今後も、AAIでの生産を続けるとしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース