マルセル・エンゲルス、交通事故で他界…ニュル24時間で活躍

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
マルセル・エンゲルス選手
  • マルセル・エンゲルス選手
ドイツのレーシングドライバー、マルセル・エンゲルス選手が、6月17日、母国ドイツの公道、アンラター通りでオートバイを運転中、事故に遭い死去した。享年30歳。

エンゲルスは、2010年から「STI NBRチャレンジ」に加わり、ニュルブルクリンク24時間レースに、スバル『インプレッサWRX STI』のドライバーのひとりとして参戦。2011年にはSP3Tクラスにて初の優勝、続く2012年には同じくSP3Tクラスで2連覇を達成するなど、チームに大きく貢献した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース