【トヨタ エスティマ マイナーチェンジ】コンセント、さまざまな車種につけていく方針

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ エスティマ
  • トヨタ エスティマ
  • トヨタ エスティマに装備されている1500Wコンセント
  • トヨタ エスティマハイブリッド
  • トヨタ エスティマハイブリッドに装備されている1500Wコンセント
トヨタ自動車は15日、『エスティマ』のマイナーチェンジ発表会を東京都内で開催した。エスティマHVが搭載するコンセントは、AC100Vが1500Wまで使用可能であり、震災時に各所で電源として活躍したという話は記憶に新しい。

この点、トヨタ自動車製品企画本部のZF主幹、堀淳一氏は「今回のエスティマにももちろんコンセントはついます。ひとつの差別化要素ですから」と話す。

現行のトヨタ『アルファード』、『ヴェルファイア』は1500Wに対応した電源がついていない。これについては「震災を経て、アルファードやヴェルファイアだけでなく、さまざまな車種にコンセントをつける方向で検討を続けています」とした。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集