【INDYCAR 最終戦】ウェルドン選手が死亡---多重事故でキャンセル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ウェルドン(2011年インディ500)
  • ウェルドン(2011年インディ500)
  • ウェルドン(2011年インディ500)
  • ダン・ウェルドン選手追悼ラップ(INDY CAR 最終戦)
  • ダン・ウェルドン選手追悼ラップ(INDY CAR 最終戦)
  • 決勝スタート(INDY CAR 最終戦)
  • INDY CAR 最終戦
ラスベガス・モーター・スピードウェイで16日に開催された2011年インディカーシリーズの最終戦(第17戦)決勝レースで、11周目に多重アクシデントが発生、巻き込またダン・ウェルドン選手が死亡した。赤旗中断となったレースは続行されないままキャンセルになった。

ウェルドンはターン2で発生した15台のアクシデントに巻き込まれた。後方集団を走っていたウェルドンのマシンはコース外側のウォールとフェンスに激突、ウェルドンはヘリコプターで病院へ運ばれたが搬送先で死亡が確認された。33歳。

ウェルドンは、ホンダが2003年にインディカーシリーズへの参戦を開始した際に、アンドレッティ・グリーン・レーシングの一員としてホンダ・インディV8の開発に携わった。インディカーのレースには通算134戦出場し、16回の優勝、トップ10フィニッシュは93回を記録している。

05年にインディ500で優勝し、その年にはシリーズチャンピオンになった。また今11年5月のインディ500では2度目の優勝を果たした。もてぎラウンドでは04年にホンダの初優勝を達成、翌05年も優勝した。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集