【トヨタ カムリ 新型発表】新世代グローバルセダンの形

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
トヨタから先般発売が開始された新型『カムリ』は開発コンセプトを“New ERA Sedan”とし、新たなグローバルカーを目指して開発された。

その開発にあたり、製品企画本部主査の米田啓一氏は「先代カムリで好評だった室内の広さはさらに磨きをかける一方、今回は価格にふさわしい高級感と、動力性能、燃費性能、これを大幅に向上させました」という。

そのコンセプトは“New ERA Sedan”。「見て乗った時に感動する“E”motionalな面、それと、カムリのDNAである“RA”tional、つまり合理的な面。これを緻密な作りで上質感を付与しながら、新たなグローバルカーを目指して開発を進めました」。

具体的には、「高級感と存在感あふれるセダンのスタイル。次に上質で広々とした快適なインテリア。ハイブリッドによる圧倒的な燃費と動力性能。それに加えて静粛性を高次元でバランスをさせること。最後に、世界最高レベルを確保した安全性能」とした。

そのスタイルは、「プレステージ感を高級感と存在感と定義し、このセダンスタイルを実現するために、従来の造形処理とは異なる新しい面処理を行うことで、シンプルでありながら強い塊感、堂々としたスタイルを追求しました」。その結果、「新時代セダンという形に進化することが出来たと思っています」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集