【写真蔵】INDYCARシリーズ その歴史を振り返る

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

今からちょうど100年前の1911年、第1回インディ500に出走したマシン。当時の優勝記録は平均時速120km/h程度だった。
  • 今からちょうど100年前の1911年、第1回インディ500に出走したマシン。当時の優勝記録は平均時速120km/h程度だった。
  • 第1回インディ500のレースの様子。当時は40台が出走したと伝えられている
  • 1938年のインディ500
  • 第二次世界大戦の中断を経て1946年に再開されたインディ500。
  • 1951年
  • 1952年、ビル・ブコビッチのマシン。翌53年と54年のインディ500ウイナーでもある。
  • 1958年、オッフェンハウザー製のエンジンを搭載したマシン。ドライバーはロジャー・ウォード。この時代まではFRだった。
  • 1960年のインディ500、スタートシーン
アメリカンオープンホイールレースカテゴリの最高峰、インディカー(INDYCAR)。インディ500をはじめとして、数々の名レース名ドライバーを輩出してきた。その100年に及ぶ歴史を写真を通じて紹介する。

なお9月18日に決勝レースが開催される「インディジャパン ザ ファイナル」はその名の通り、日本で開催されるインディカーのレースに終止符が打たれる。今シーズン日本人として唯一フル参戦している佐藤琢磨やに加えて、2008年から2010年シーズンまで参戦してた武藤英紀がインディジャパンへのスポット参戦を決定。両選手の表彰台が期待されるところだ。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集