米カリフォルニア、リーフ 効果でEV補助金が枯渇

自動車 ビジネス 海外マーケット
米カリフォルニア州が2010年3月より実施してきたEV購入補助金の財源が、リーフ発売の効果で予定より早く枯渇したことがわかった。
  • 米カリフォルニア州が2010年3月より実施してきたEV購入補助金の財源が、リーフ発売の効果で予定より早く枯渇したことがわかった。
  • 日産リーフ
米国カリフォルニア州が、2010年3月から実施しているEV購入の補助金制度。その財源が、予定よりも早く枯渇したことが分かった。

この制度は、カリフォルニア大気資源局(CARB)が独自に行っているもの。EV購入時に、最大5000ドル(約40万円)の補助金を支払うという制度だ。

CARBはこの財源として、1110万ドル(約9億円)の予算を計上。ところが、2010年末に日産『リーフ』が発売され、補助金制度の利用者が急増。当初予定よりも早く、予算を使い果たした。

CARBは新たな予算を確保し、制度を継続する方針。しかし、補助金の最大支給額は、5000ドルから2500ドル(約20万円)へ半減されるという。

カリフォルニア州は、米国で最もEVやハイブリッド車に対する需要が高いエリア。今回の補助金減額が、EVの今後の販売に与える影響は少なくないと推測できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日産ゴーンCEO、「リーフの6月米国販売は記録的」 画像 日産ゴーンCEO、「リーフの6月米国販売は記録的」
  • 【井元康一郎のビフォーアフター】日米に見るEV普及政策のつまづきと課題 画像 【井元康一郎のビフォーアフター】日米に見るEV普及政策のつまづきと課題
  • 日産 リーフ、1か月の電気代はいくら?…契約形態で2倍の差 画像 日産 リーフ、1か月の電気代はいくら?…契約形態で2倍の差
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース