僕たちのどこでもドアはこうして開発された

モータースポーツ/エンタメ 出版物
『日産ラシーンのデザイン開発』
  • 『日産ラシーンのデザイン開発』
  • 日産ラシーン
『日産ラシーンのデザイン開発』
前例のない開発手法に見るこれからのモノ作り
著者:坂口善英
発行:三樹書房 定価:1890円
体裁:A5判、144ページ

本当に生活に必要なクルマを目指し、開発された日産『ラシーン』(1994〜2000年)。当時のデザイン開発の現場、プロジェクトの進め方、コンセプトの発想方法などが、開発当事者により丁寧に記されている。

ラシーンの開発には紆余曲折、枝分かれ、リセットが多かった。パイクカーが際物からまっとうなプロダクトに移行する過渡期の車がラシーンであり、現在の商品開発手法につながる初期の車だと言える。こうした車に、数は多くないけれど熱心な愛好者がいるのも当然だろう。

口絵には、当時の貴重な写真、カタログをカラ—で掲載し、自動車デザイナーを志す人はもちろん、プロダクトデザイン全般やもの作りに興味がある人にも最適。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • プリミティブな雰囲気が魅力的…日産 ラシーン 画像 プリミティブな雰囲気が魅力的…日産 ラシーン
  • 【ジュネーブモーターショー11】ルノー カングーEV にロングボディ 画像 【ジュネーブモーターショー11】ルノー カングーEV にロングボディ
  • シボレー アバランチ 日本導入…米国製スポーツトラック 画像 シボレー アバランチ 日本導入…米国製スポーツトラック
  • 大矢アキオの『ヴェローチェ!』…iPad2 求めて大陸縦断1260km 画像 大矢アキオの『ヴェローチェ!』…iPad2 求めて大陸縦断1260km

特集